読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「羊の2歩」

子どもが読んだ絵本を淡々と記録します。

0_本を読むことについて

この一年、本をまともに読まなくなってしまった。

お気に入りの作家の新刊が、文庫本で出たというのに、全く手を付けようとしていない。山月記を舐めるようにチビチビ読むか、宮沢章夫のエッセイをトボトボ読むか。それぐらいの読書量になってしまった。

「 子供が生まれたから」と言い訳をするのは簡単だ。

子供が生まれたから、野球の試合への参加が減った。自転車にも乗らなくなった。楽器の練習をしなくなった。読書をしなくなった。

本当にそうか?

ならば、その手元のスマホ、パズドラの連続ログイン日数を見てみろ。三百三十日だ。一日一時間として、どれだけの時間を費やしたと思っているんだ?絶対に時間がないとは言わせないぞ。空いた時間の少しでも、トレーニングをしたか?楽器に触れたか?そして本を開いたのか?

そんな心の声が聞こえる。ああ。なんて篤実な奴だ。

それでも、ふと時間が空くとスマホを触ってしまう。恐るべし・・・